Interview(対談)

パドルスタイルで見えて来た新しい住宅プロデュースの形。対談:板垣貴之氏×武田伸二

 施主と建築家とのマッチングだけでなく、従来、デザインの影に隠れて後手に回りがちだった施工監理にまで深く踏み込み、家づくりを強力にサポートする新しい住宅プロデュースの形「パドルスタイル」。今回は新たに東京・浅草橋に完成した新オフィスで、コーディネーターの武田伸二、パドルスタイルとコラボレートする建築家・板垣貴之氏にその特色を伺った。

プランニングはメインイベント。でも、その後がもっと大切

武田「家をつくるとなると、とかくデザインやプランにばかり気をとられてしまいがちです。確かに建築家との家づくりの醍醐味は、自分たちの要望を生かして、ゼロからつくっていける点でしょう。でもその分、ハウスメーカーのように料金も定額化されてないし、工事を頼む先が信頼できる工務店かもわからない。自由になる分、自己責任も大きくなります。住宅プロデュース会社といっても、御施主様に建築家を紹介するだけの会社から施工監理を行う会社まで、その業務の範囲はさまざま。 工務店のことなど、先々どんなリスクがあるのかを、最初から一般の方が想像するのは難しいことです。パドル・スタイルでは、確かな施工実績をもった『イデアホーム』と提携することによって、御施主様の負担や不安を限りなく軽減できるようにしています」

板垣「ハウスメーカーではなく、建築家に設計を依頼した場合にいちばん恐いのは、工務店が途中で倒産してしまうパターン。いくら注意深く見ていても、工務店の財務体質まで見抜くのはなかなか難しいことです。もちろん家のデザインも大切ですが、品質監理やアフターフォローも同じように重視する人が増えている。こうした意味では、イデアホームという確かな施工のバックボーンがあるのは心強いと思いますね」

建築家

板垣貴之氏

パドルスタイル コーディネーター

武田伸二

武田「そうした要求に、オールラウンドに応えていくのが真の住宅プロデュースではないかと思うのです。住宅のデザインと同等に、施工にも重点を置いて、その見積りや施工現場にまで深く入り込んでいくのがパドルスタイルの特徴です」

パドルスタイルがイデアホームと提携したことによって、施工面では何が変わりますか?

武田「たしかな構造計算に基づいた施工と詳細な見積りによる明確なコスト。この二つが大きな特徴でしょうか。日本では、述べ床面積が500㎡以下の二階建て木造住宅では、厳密な構造計算をしない略算法が採用されていますが、パドルスタイルと提携しているイデアホームでは、精算法による構造計算を全棟に行い、必要な箇所に充分な強度を持たせています。こうすると無駄な重量と、その分にかかるコストが発生せず、御施主様がその分のコストを負担することもなくなります」

板垣「建築家のデザインにしっかりとした構造の裏付けがプラスされるのはとても良いことだと思います。斬新な形であるがゆえに住宅の強度が弱まってしまったのでは意味がない。安心できるしっかりとした構造があるからこそ、建築家も自由な設計ができるとも言えます」

今までは表面のデザインばかりに気がいって二の次にされていた、目には見えない安全性の部分まで、しっかりとプロデュースしていくということですね。

武田「はい。それと、コストを明確に把握していただくために、見落とされがちな見積りにも注意を払っていただきたいと思っています。ごく一般的に使われている『坪単価いくら』という表記ですが、建材のグレードは家ごとにそれぞれ違うし、設計料や付帯工事を含んでいない価格表示もあります。それを一様に坪数で割って比べるのが坪単価。素材のランクを落とせば、坪単価も下がって当然です。これはいわば基準があってないような物。

板垣氏 作品1

おかしいと思いませんか? ○○一式”と表記されている見積りもありますが、こうした見積りも『安全な材料を適正な数量で使っているか?』といったことがまるでわかりません。いい加減な見積りでどんな家が建つか、わかったものではないのです。
 パドルスタイルでは、独自の『詳細見積り』という御施主様にわかりやすいフォーマットで、見積りを統一しています。ローコストという言葉に惹かれる方も多いようですが、安かろう悪かろうでは意味がありません。見積りを低く見せたいために、見えないところで柱を減らしたりする場合もある。これはもう欠陥住宅です。そうならないためにはまず、住宅の品質と見積りをしっかり連動させて、適正な価格かどうかを見極めていただくことが大切です」

リノベーションも開始。広がるプロデュースの間口

さらに、パドルスタイルでは、リノベーションのサービスも始められたということですが。

板垣「はい。住宅プロデュースの目的は、皆様に快適な生活を手に入れていただくこと。コストなどを考慮しながらヒアリングをしていくと、リノベーションの方がよりベターな結果が得られるケースもあります。なので最初は戸建てやリフォームと限定せず、パドルスタイルと御施主様が接する間口を広げていきたいのです」

パドルスタイルと、今迄の住宅プロデュース会社との違いは?

板垣氏 作品2

板垣氏 作品3

板垣「たとえばコンペ形式で複数の建築家から提案を受けられるプロデュース会社がありますね。多くの建築家から、最適なパートナーを選べるように見えますが、プランが決まって家づくりが始まってみると、コストが収まらなかったり、顔を合わせてみると、建築家と施主の相性が合わなかったという場合もある。それに、一度決まってしまったプランというのは途中で違和感を感じても、なかなか後戻りができない。住宅プロデュース会社がうまく機能していないということです。こんなことにならないよう、まだ家を建てようという意思がはっきりと固まっていない方も、お茶でも飲みながら建築家と気楽に接することができる場を提供できれば良いのではないかと思います。こうした場があれば、事前に家のイメージを膨らませることができるのではいでしょうか」

武田「家が欲しいけれど、何から始めたら良いかわからない、家を建てて問題のない土地か見てほしい、住んでいる地域に建築家がいないなど、具体的に考えている方はもちろん、潜在的なレベルの方まで、まずは目的を決めずにお話ができればと思います。パドルスタイルが、家づくりの楽しさを知っていただく場所になっていければ良いと思いますね」

パドルスタイルでは、毎週個別相談会を開いているほか、全国各地でもセミナーを開催して行く予定。施工エリアも広がりつつある。品質とデザインのバランスを考慮した、新しい住宅プロデュースの形が、広がりつつある。